WordPress Web サイト関連ノウハウ

【ココが大事!】Google AdSense 審査合格の秘訣!合格するための対策とは?

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

Google アドセンスに合格する方法

Google アドセンス審査を通ると Google 社が提供する広告を掲載することができます。

表示回数やクリック回数に応じて収益が期待できるため、多くのアフィリエイターがGoogle アドセンスを利用したいと思っているものの、事前審査があり、「Google アドセンス審査が通らない」と悩んでいるサイト運営者が多いことも事実です。

Google アドセンス審査は、Google 社が「広告をのせる価値のあるサイト」かどうかを判定する審査です。

Google 社に「価値のあるサイト」と判断してもらうためには、「定型的に実施するべきテクニック」「Google 社の判断基準を想像するマインドと創意工夫」が必要になってきます。

  • 定型的に実施するべきテクニック
  • Google 社の判断基準を想像するマインドと創意工夫

テクニックが無ければそもそも合格しません。マインドが無ければ仮に合格しても収益化までの道のりを歩み続けることはできません。

ポイント

本記事では、

Google アドセンス審査合格に向けて、

「テクニック面」と「マインド面」の両方をわかりやすく解説・紹介します。

アドセンス合格すると、めっちゃうれしいですよね。

おすすめ副業

\ココナラ成功パターンを詳しく見たい方は こちら をクリックしてください/

Google アドセンス合格支援(サイト改善点のご案内)ココナラでサービス販売中です。

詳しくはこちら

PR

Google アドセンスは、「試験」ではなく「ビジネス」であることを理解する

Point.
アドセンスは
ビジネスである

Google アドセンスに合格すると認められた気持ちにもなり、とても嬉しいですね。Google アドセンスに合格する・しないと一喜一憂する気持ちは本当にわかります。

そのため、私たちはついGoogle アドセンス審査を「資格試験」のように合格点を取ればよいものと捉えてしまいますが、実際には、実は Google 社とのビジネスです。

ポイント

Google 社に自分のサイトを商品として認めてもらうことが大事であり、Google アドセンス審査は、いわゆる「商品をお勧めする営業活動の一環」と考える方が、より柔軟に審査に取り組めます。

Google 社も、広告主とのビジネスです。

「このサイトに広告を出せるから価値があるんですよ」と Google は広告主にアピールしたい!それは Google 社の正直な気持ちですね。

Google が広告を載せたいと思うようなサイトを作ること が合格への一番の近道です。

Google アドセンスに合格するには、私たちが、Google 社の気持ちを想像しながら対策する「マインド」が必要です。

AI 自動判定に対する対策

Point.
AI 自動判定の
対策

Google アドセンスの審査方法は明確には公表されていませんが、「AI自動判定」「通常審査」があると推察できます。

Google 社の立場で考えると、機械的に不合格を判定できるページは人の手を通さずに自動的に判別したい。

アドセンスの申請を受けた場合、最初に AIによる自動判定を行います。これは、主に以下のようなチェックが行われていると考えられます。

  • 記事数が足りているか
  • プライバシーポリシーは設置しているか、必須事項が書かれているか
  • お問い合わせページは設置しているか
  • コピーコンテンツでは無いこと
  • フリー素材を多用しているサイトでは無いこと
  • 「アダルト」「賭博」「飲酒」などのキーワード利用数
  • 違法サイトへのリンクが無いこと

人間がサイトを見なくても機械的に判断できる不合格理由を想像してください。

この「AI自動判定」は、結果が出るのが早い 特徴があります。

もし、審査を依頼して数日以内に不合格通知が来た場合、AI自動判定で不合格になっている可能性が高いため、機械的に判断できる部分を中心に修正を行うことが対策となります。

Google 社の気持ち

アドセンスの審査依頼が多いため、機械的に判断できる箇所は、AIによる自動審査で社内の作業効率をアップしたい。

通常審査に対する対策

Point.
通常審査の
対策

無事に「AI自動判定」をクリアしたサイトに、次に訪れる関門は「通常審査」ですね。

通常審査で主にポイントとなる審査対象と対策を紹介します。

■ グーグルアドセンスのポリシーを守ること

ポリシーを守る

Google は明確にポリシーを定めており、ポリシー違反しているサイトは一発アウトになります。

細かいリストは Google のポリシーを見て頂く必要がありますが、主に、「アダルト(出会い系を含む)」「ギャンブル」「お酒を助長する・タバコを助長する」「誹謗中傷」「賭博・ギャンブル」「違法」に関するサイト、記事を避けてください。

合格が難しい、または不可なサイト・記事例

  • 出会い系を紹介するサイト
  • 賭博・ギャンブルに関係するサイト
  • 飲酒を助長するサイト
  • 誹謗、中傷、炎上を狙ったサイト
  • 偽造品、危険な商品やサービスなどを紹介
  • 不正行為を助長する商品やサービスの紹介
  • 差別、動物虐待、犯罪などに関連するサイト

なお、YMYL がアドセンス合格が難しいとの「うわさ」がありますが、YMYL は SEO(検索上位表示)の指標であり、アドセンスの合格有無とは基本的には関係ありません。ただし、「ヘルスケア」「医薬品」などの広告表示については明確に規定が公表されているので、注意してください。

Google 社の気持ち

社会的に評価されにくいサイト、違法なサイトに重要な顧客の広告を載せることは避けたい。

■ 他者の著作権を侵害しない(コピーコンテンツに注意する)

著作権を守る

他者の著作権を侵害している場合や、記事がコピーコンテンツであるサイトは承認されません。

Google アドセンスの合否に限らず、著作権の保護はコンプライアンス上、必須で守らなければならない基本です。他者の画像、コンテンツの流用は絶対に行わないようにしてください。

合格が難しいサイト・記事例

  • 他者のサイトの画像をコピーして使っている
  • 他者のサイトのコンテンツをコピーして(または似せて)使っている

著作権者の許可のないコピーは違法です。アドセンス以前にブロガーの基本となりますので、必ず守る最低限のルールとして遵守しましょう。

Google 社の気持ち

法令順守は必須。コピーコンテンツは許さない。(大事な顧客の広告を載せられない)

■ 一定数の記事を用意する

必要な記事数

アドセンス合格については、一定数の優良な記事が必要です。

Google 側も、将来的にもきちんと運営されるであろう優良サイトを求めています。判断基準は「現在の記事数」「更新頻度」です。

  • 一定数(10記事程度)以上の記事数を有していること
  • 定期的な更新があること

たとえば、「10記事を投稿してあるが2か月間放置しているサイト」と「毎週記事を投稿し8記事投稿されているサイト」では、どちらに広告を提供するかは明白ですね。

稀に「5記事で合格した」といった合格事例を Twitter 上で見かけますが、ごく少数のラッキーな事例であり、目指してはいけません。Google 社が「このサイトは優良だ」と判断できる記事数を用意したうえで、審査に臨みましょう。

Google 社の気持ち

将来的にも運用を続ける、価値のあるサイトに広告を提供したい。

■ フリー素材(イメージ)ばかりのサイト、記事を避ける

フリー素材の使用

サイトには「オリジナリティ」が必要です。著作権の侵害にはあたりませんが、フリー素材サイトから取得した画像ばかりでサイトを作ることは避けてください。(適度な利用は問題ありません)

フリー素材を多用すると「どこかでみたことがあるサイト」との印象を持ちます。

せっかく記事にオリジナリティを出したとしても、利用している画像で、サイト・記事の印象が決まることは多く、審査に対して「オリジナリティが足りない」と思われる、最悪の場合、コピーコンテンツを疑われる可能性があります。合格への道は遠のくでしょう。

フリー素材を一切使わずにサイトを作ることは難しいため、利用する場合は次の点に注意します。

フリー素材を利用する場合の対策

  • 過度な利用は避ける
  • アイキャッチなどで利用する場合は文字を入れるなど加工する(※)
  • オリジナルの写真や画像を多用する

※ 利用するフリー素材が、加工することが許容されているかどうかは十分に確認してください。

Google 社の気持ち

オリジナリティが高く、工夫されているサイトは将来集客が期待できる。

サイトに合った特化した広告を出すことでクリック率向上に期待できる。

オリジナリティの高いサイトに広告を提供したい。

■ トップページを装飾する

トップページの装飾

もし審査を行うのが「人」であった場合、サイトの第一印象は大きく影響します。

トップページを(Webデザイナーのように)プロ級の完成度にする必要はありませんが、ブログ型ではなくサイト型のトップページにするなど、ある程度のデザイン、工夫は行いましょう

ブログ型とサイト側の見た目の違いを紹介します。

(イメージの上にマウスを重ねることで、サンプルがスクロールして全体を見ることができます、スマホの場合はイメージをクリックしてください)

ブログ型

ブログ型の例

新着記事が縦に並ぶシンプルなデザインです。ヘッダーやメニューが標準の状態で、単一色の背景の場合、よりシンプルに感じます。

サイト型

サイト型の例

トップページに印象値の高い画像などを配置しつつ、トピックスや記事紹介を利用して読者を有力な記事に誘導しています。

トップページをサイト型にする場合は、「最も読んでほしい記事への導線」を意識します。読者の記事への誘導です。

読者ファーストの一つとなり、Google アドセンス審査においても、審査を行う人も同じように誘導されることが期待できるため、サイトの魅力をアピールにつながり、より合格に近づきます。

Google 社の気持ち

トップページを工夫しているサイトは、読者ファーストの意識が高く、将来性を期待できる。

■ プライバシーポリシーを設置する

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは必ず設置します。

広告を掲載するにあたり、クレーム、事故、事件を防止するためにも必要な対策であり、自分にとっても Google 社にとっても必須です。

プライバシーポリシーは、おおよそ書くことが決まっているので、ひな形などを参考にしてページを作れば問題ありません。

Google 社の気持ち

広告掲載はビジネスである。最低限必要な前提条件、留意事項は記載しておく必要がある。

■ お問い合わせページを設置する

お問合せページを用意する

広告を表示したサイトに対して他者から問い合わせやクレームがあった場合に対応できる窓口が必要になるため、「お問い合わせページ」は可能な限り設置します。

Google 社の気持ち

他者との問題が発生した場合に、サイト管理者が他者との課題を解決するための意志が示していることが重要。

■ アドセンス以外の広告(アフィリエイト広告)の掲載について

他の広告について

他社の広告(アフィリエイト広告など)を表示していないほうが合格しやすいことは事実です。

ここは少し考え方を変えたいポイントです。私たちブロガーは Google アドセンスだけで大きな収益を上げることは難しいため、アフィリエイト広告と併用することが多く、Google 社も併用されることは理解しています。

Google 社にとっては、広告の併用は理解しているものの、サイト内の広告が多数となり極端にユーザビリティが低下することは明確に「悪い」と判断しています。その判断基準は Google 社にあり、アドセンス合格後に広告の多用でアドセンス停止などのリスクが考えられます。

永久停止されたサイトがアドセンスに再合格することは非常に難しい。

合格審査に対して他者広告を貼って申請することは、どの程度までなら Google 社が許容するかをリスクなく確認できるチャンスです。

主な注意するべきポイントを紹介します

  • 表示している画面の大半を広告表示が占めないこと(特にスマホに注意)
  • スマホは表示している1画面の中に多数の広告が表示されないこと(1~2個とする)
  • サイドバーのスクロール固定箇所に縦長の大きな広告を表示しない(望ましくない)
  • 画面を覆うようなフローティング広告・固定広告を表示しない
  • ユーザーの画面遷移を著しく阻害するようなポップアップ広告を表示しない

自分が WEBサーチしている中で、「この広告うざいな」と思うような、広告の配置を避けてください。

合格に対して試行錯誤することが合格後の大きな力になる

Point.
試行錯誤が
大切

Google アドセンスは、合格しただけでは収益は発生しません。

合格後に広告を貼って、ページビューを増やして広告がより多く表示されることで初めて収益が発生します。

合格後には、「広告の配置場所」や「広告を表示する数」、「Google のポリシーに沿った記事を書いていく」などのノウハウが必要になります。

また「不正クリック対策」なども必要になりますが、これらはすべて状況によって変化します。状況の変化、時代の変化に対応していく技量・スキルの基礎は、合格に対する創意工夫から身に付きます。

もし合格代行などを利用して「合格のためのステップ」を飛ばしてしまったら、中学英語を習わずにいきなり高校英語から学習を始めるようなもの。仮に合格したサイトを手に入れたとしても、その後の収益化を考えると、結果的には遠回りです。

合格に対して試行錯誤することで、「Google アドセンスを上手く利用していくための基礎能力」を身に着けることが大切です。

Google アドセンス合格後にするべきこと

Point.
合格後に
するべきこと

Google アドセンス合格後が本番です。収益を上げていくために、また、正しく用いるために必要なポイントを紹介します。

ポイント

  • 適切な位置に適切なサイズで Google アドセンスの広告を配置する
  • 不正クリックなどの対策を行う
  • ページビューを増やすよう記事の質、SEOを意識する

Google アドセンス合格後にやっておくべき3選はこちら

【必須】Google アドセンス合格後、すぐにやっておくべき3選(WordPress)

Google アドセンス合格おめでとうございます!今後のブログに期待を乗せて、これから始めるアドセンス!前を向いたら落とし穴、落ちないように対策を、しっかりやろう3つの大事な、防御策!ぜひご一読くださいませ。

続きを見る

みなさまの Google アドセンス合格と、一日も早い収益発生、ハッピーライフを祈っています。

WordPress もっと!お役立ちテクニック

WordPress のお役立ちテクニックはこちら

40代・50代「会社員におすすめ」の在宅でできる副業5選

40代・50代「会社員におすすめ」の在宅でできる副業5選(初心者でもできる)

40代、50代だからこそ気が付く、不安に思う将来設計、しかし今から大きなチャレンジは難しい。投資もリスクが多い。いまこそやってみたいのが「副業」です。本記事では40代、50代におすすめの副業5選を紹介します。

続きを見る

20代・30代「専業主婦におすすめ」の在宅でできる内職・副業3選

20代・30代「専業主婦におすすめ」の在宅でできる内職・副業3選(初心者でもできる)

20代、30代の主婦にとって、これからの人生設計、お金の心配は少なからずありますね。20代、30代の主婦が不安に思うお金の問題を少しでも解決するべく、初期投資が無い(または少ない)主婦におすすめの副業ができれば安心ですね。記事では、20代、30代専業主婦におすすめの副業3選を紹介します。

続きを見る

地方がチャンスのおすすめ副業を紹介!

地方で快適に暮らす!地方がチャンスのおすすめ副業を紹介!在宅でパソコンがあれば「できる」副業

都会は住みにくい!地方の方が自然もあり、ちょうど規模の街で素敵に暮らすのは人生設計として最高ですね。しかし地方は本業の給料が低いのがネック、そこで是非お勧めしたいのがインターネットでできる副業です。本記事では、地方で快適に暮らす!おすすめ副業を紹介します。ゆるーくまったり人生過ごしたいですね。

続きを見る

この副業
アフィリエイトスクール
ノートパソコン

ブログの作り方などについてココナラにて「支援作業」を販売しております。

よかったらご利用くださいませ。

Web サイト、ブログ関連の記事一覧はこちらをクリック!

PR
―― 今日のおみくじ ――

第 94 番

”小吉"


今日のメッセージ

今自分がここにいることに感謝する。そして周りのすべてに感謝する。心を素敵にする感謝です。
ブログの始め方
レンタルサーバー
WordPress
AFFINGER

ブログランキング・にほんブログ村へ  

Presented By Boon Boon Blog .Com

広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。

当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記