副業のススメ

40代・50代「会社員におすすめ」の在宅でできる副業5選(初心者でもできる)

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

40代・50代「会社員におすすめ」

40代・50代の会社員、今の給料で満足して生活できていますか?さらに、老後に不安なく貯金できていますか?

40代、50代だからこそ気が付く、不安に思う将来設計、しかし今から大きなチャレンジは難しい。投資もリスクが多い。だからこそ!やってみたい「副業」があります

ポイント

本記事では、

40代、50代におすすめの副業5選を紹介します。

副業をしてお金を貯めて、優雅な生活を送りましょう。

おすすめ副業

\ブログ副業を詳しく見たい方は こちら をクリックしてください/

PR

40代、50代だからこそ、副業をするべき理由

Point.
副業を
するべき理由

40代、50代の安定した会社員とは言え、どんどん物価や電気代などの生活費もあがる日本、暮らしていくだけで精一杯です。

お金に余裕があれば人生にも余裕が出てきますね。40代、50代だからこそ、副業をするべき理由があります。

■ いままで築いてきた経験・スキルを活かせる

経験を活かす

40代、50代ともなれば、10年以上一つの仕事を極めてきている人も多いはず、その道のプロフェッショナルです。

仕事を始めたばかりの20代新人や脂ののった30代の若手中堅にはハッスルさでは負けるかもしれませんが、培ってきた圧倒的「知識」と「スキル」は他の追随を許しません。このまま黙って埋もれさせてしまうのは、あまりにも勿体ないですね。

長年働き続けた40代、50代だからこそ活きる副業があります。オンリーワンとなる副業ができるチャンス、逃す手はありません。

■ より生活を充実させるために副業をする

生活を充実させる

20代、30代で会社の仕事にまい進してきた会社員、40代、50代も同じようにまい進するまま定年となり、老後に何も残らないという人も多くいます。40代、50代で自分が一生続けていけることを見つけることで、老後もハッスルした人生を送ることができます。

会社からの給料では精一杯かもしれません。しかし副業をしたらどうでしょう?生活にプラスアルファの収入があれば新しい趣味を始めることも可能です。

あたらしいことへのチャレンジはとても楽しいものです。副業がそのまま趣味、人生の楽しみになることもあるでしょう。

いままで会社の仕事にまい進してきた40代、50代だからこそ、
副業を始めるべきタイミングが来ています。

■ 老後の資金、投資資金を得るために副業をする

老後の資金確保

老後2000万円必要と言われていますが、実際に会社員が2000万円を溜めるのは厳しいのが現実です。

多少の蓄えから「投資」で増やすことも考えられますが、投資はそれほど簡単ではありません。リスク低く投資していくとすれば年4%程度が妥当と言われています。仮に300万円を年4%の投資で回したとしても1年後に312万円、10年後は437万円です。

毎年100万円程度の増資をした場合は、1592万円となりますのでギリギリです。

年数投資額年増資額利回りによる利益合計金額
1300万円12万円312万円
2312万円100万円16万円428万円
3428万円100万円21万円550万円
4550万円100万円27万円677万円
5677万円100万円34万円812万円
6812万円100万円41万円953万円
7953万円100万円48万円1101万円
81101万円100万円55万円1257万円
91257万円100万円63万円1420万円
101420万円100万円71万円1592万円

では、年増資額の100万円をどうやって稼ぐのでしょうか?いままで300万円しか貯金できていない会社員生活でこれから年100万円を用意するのは難しいですね。

年100万円の増資こそ、副業で稼ぎましょう。20代、30代のまだまだ定年まで年数が多い若手と違って、10年で2000万円を溜めていくには、会社員生活だけでは難しい。副業を行うことが、壁を突破できるおすすめの方法です。

40代、50代におすすめの副業5選

Point.
40代、50代
おすすめ副業

40代、50代におすすめの副業を5選紹介します。

ブログアフィリエイト
記事のライター
動画編集副業
note コンテンツ販売
ハンドメイド作品販売

■ ブログ・アフィリエイト

ブログ

40代、50代で比較的安定した収入がある会社員に最もおすすめしたい副業は「ブログ・アフィリエイト」です。

「ブログ・アフィリエイト」とは、自分のブログを開設し企業の広告を貼ることで、読者が広告をクリックして商品を購入した場合に紹介報酬が手に入る副業です。

ブログの仕組み

人気の出るサイトであれば、大きな収益が期待できることも。ストック型の収益モデルのため、作業時間以上に収益をあげられる可能性がある副業です。

特に40代、50代に特におすすめの理由を4点紹介します。

40代・50代におすすめの理由

今まで培ってきた知識・スキルを活かせる

知識・スキル

ブログを作る場合は何について書くか「ジャンル」を選ばなければなりません。選んだジャンルの中で他のサイトよりも、より独自性のある専門的な情報を発信していく必要があります。

40代、50代となれば、いままで培ってきた知識・スキルは他の追随を許さないものがあるはずです。専門的な情報発信は多くの読者の求めるところのため、より評価の高いブログを作ることができます。評価の高いブログは、そのまま、より収益化を目指しやすいことが、おすすめの理由の一つです。

40代・50代におすすめの理由

納期が無い仕事である

時計

会社員として仕事をしていると「期限」や「納期」に悩まされ続けた経験は少なからずあることでしょう。ブログ・アフィリエイトには所謂「納期」がありません。全て自分の意志で副業ができます。

40代、50代となれば、会社員として本業も忙しい時間が多く、なかなか定期的に決まった時間を確保することが難しい人も多いでしょう。そのなかで納期のある副業では、期限に追い詰められ精神的に辛いことも多くなります。ブログ・アフィリエイトは自分が取り組める時間で副業ができることが、おすすめの理由の一つです。

40代・50代におすすめの理由

初期投資額が少ない(失敗リスクが少ない)

お金

ブログ・アフィリエイトは、パソコン・インターネットがあれば始められる副業です。必要な経費もレンタルサーバー代、ドメイン代、および多少のソフトウェア程度となり多くの初期投資は必要ありません。

これから副業を始めようとしたときに100万円も200万円も使ってしまっては本末転倒です。初期投資が少なく済むということは失敗したときに失うリスクも小さく済むということです。ローリスクハイリターンである点がおすすめの理由の一つです。

40代・50代におすすめの理由

パソコン・インターネットを使った副業である

パソコン

40代、50代の会社員であれば日常の仕事の中で多少なりともパソコンは利用していますね。キーボードも全く打てないということは無いでしょう。ブログ・アフィリエイトに必要なの最初の条件を既に満たしています。

ブログ・アフィリエイトはパソコン・インターネットがあれば始められる副業です。逆に言うとパソコンが使えないと始めるのは難しい。特別な資格や技能が無くとも始められる「始めやすさ」は40代、50代におすすめの理由の一つです。

ブログ・アフィリエイトの始め方がわからない場合でも手順通りやれば大丈夫、具体的な手順は以下を参照してください。

\副業を始めるなら1日でも早い方がいい/

詳しくはこちら

「ブログ・アフィリエイトの始め方」を知りたい方は、こちら をクリックしてください。

おすすめ

ポイント

独学で始めることに不安がある方は、アフィリエイトスクールに通ってみるのも一つの方法です。

アフィリエイトスクールなら、個別サポートがあり、同じくアフィリエイトでの収益化を目指す仲間たちと一緒に頑張れるスクール「ATUS(ええタス)」がおすすめです。

PR

詳しくはこちら

「ATUS(ええタス)」

「ATUS(ええタス)」では、コーチが直接アフィリエイトを教えてくれる「個別サポート」をはじめ、「独自の実践マニュアル」、「なんでも相談会」、「長期的サポート」 などを用意しています。まずは無料相談会から参加してみませんか?

\アフィリエイトを始めるなら、早い方が絶対いい!/

詳しくはこちら

おすすめ副業の目次に戻る

■ 記事のライター

記事のライター

40代、50代で比較的安定した収入がある会社員におすすめの副業の一つは「記事のライター」です。

世の中には、企業でもブログ形式で商品を紹介したり、コラムを自社のWEBページで発信している企業は数多く存在します。すべての企業が自前で自社のスタッグはブログ・コラムを書いているわけではありません。多くの企業は記事ライターに執筆を外注しています

記事ライターに必要なものは「文章力」と「仕事をするうえでのマナー」です。いままで会社員として仕事を続けてきた40代、50代なら、ほぼ持ち合わせているスキルと言えるでしょう。おすすめしたい副業です。

ポイント

文章力

記事のライターをするためには当然ですが「文章力」が必要です。正しい日本語を使い、リズムよく読める文章を書く力です。商品に対して正しく訴求し、読者に「購入したい」と気持ちを向けさせる文章を書くテクニックが求められる仕事です。

会社員として仕事を続けてきた40代、50代なら、お客様へのメールやプレゼン資料、報告書などの文書でも、文章力を鍛えてきました。

いまは副業はインターネットで探せる時代になりました。B to C、C to C といった仕事の形態もネット上のサービスを使って探すことができ、支払いなども厳密に仕組み化されているので比較的安心して副業(記事のライター)に取り組める時代になりました。

クラウドワークやココナラといったクラウドの仲介サービスなどに登録することで仕事を見つけることができます。

PR

ココナラ

\さっそく登録して案件を見てみよう/

詳しくはこちら

PR

クラウドワークス

\さっそく登録して案件を見てみよう/

詳しくはこちら

ポイント

仕事をする上でのマナー

記事のライターはクライアント(依頼主)の要望に沿って記事を書くお仕事になります。

当然「納期」があり、「クライアントとのコミュニケーション・意思疎通が重要になってくる仕事です。

仕事のマナーとして「納期を守る」ことは当然ですが、密なクライアントとの相談や、不測の事態があった場合の連絡・相談などいわゆる「ホウレンソウ」を必要とします。しかし、適切にホウレンソウができる人は思った以上に少ないのが現実です。

いままで会社員として仕事を続けてきた40代、50代なら、ホウレンソウは当然身に着けているスキルでしょう。当然のマナーを守って仕事を続けていけばクライアントからの信頼も厚くなり、より単価の高い仕事へと発展していくことでしょう。

おすすめ副業

\ココナラ成功パターンを詳しく見たい方は こちら をクリックしてください/

おすすめ副業の目次に戻る

■ 動画編集副業

動画編集

もしあなたがパソコンを使うことに慣れていて、映像センスがあるなら、動画編集もおすすめの副業です。

動画編集は、今やオンライン上でコンテンツが氾濫する現代において必要不可欠なスキルとなりました。動画編集の需要の高まりに伴い、動画編集に携わる人々の収入も増加しています。しかし、ホウレンソウといった社会人としての当然のマナーを兼ね備えていて、かつ動画編集ができる人は意外と少ない

動画編集のスキル(動画編集ソフトが使えること)が必要になるため、記事のライターやブログよりも始めるための最初の敷居が高いので(他に比べると)比較的ライバルが少ないのもメリットです。

\副業を始めるなら1日でも早い方がいい/

くわしくはこちら

動画編集は動画編集ソフトを使いこなせることが必須です。独学で学ぶこともできますが、時間もかかり、また必須なスキルをきちんと身につけられるかどうかは難しいところです。最初はスクールに通いスキルを身に着ける方が結果的に早道になることが多いですね。

おすすめ動画編集スクール

おすすめスクール概要
PR
クリエイターズジャパン
初心者から上級者まで、幅広いレベルの方々が参加できる、高品質な編集技術を学ぶことができるスクールです。

編集の基本から応用まで、実践的な技術を身につけることができ、編集に必要なソフトウェアや機材の使い方も学ぶことができます。編集技術だけでなく、クリエイターとしてのマインドセットやコミュニケーションスキルなども学習でき、本格的な編集業務に就くためには必要不可欠なスキルが身に着きます。

特にサポート面の評判が良く クリエイターズジャパンのスタッフは、「 案件の添削 」「 初心者が仕事を獲得するまでのノウハウ 」などのサポートを行ってくれるため、料金に比較して、得られるサービス・メリットが大きいスクールです。

おすすめ副業

\ココナラ成功パターンを詳しく見たい方は こちら をクリックしてください/

おすすめ副業の目次に戻る

■ note コンテンツ販売

note 販売

他人にない知識・ノウハウがあるが、ブログを書くほどマルチなスキルに自信がない場合は、note などでのコンテンツ販売もおすすめです。

note はこちら

コンテンツ販売のプラットフォーム「note」では、アカウントの登録だけですぐに自分のコンテンツを作成、販売することが可能です。独自小説を書いても良し、釣りのノウハウを書いても良し、ボーリングやテニスについてのノウハウを書いても良し、公序良俗に反しなければ自分の得意とする分野のコンテンツを作り、販売することができます。

ブログに似ていますが、コンテンツの販売自体がそのまま収益になるのが note の特徴です。(紹介ではなく、自分の記事自体が商品になる)

ブログと同じように、自分の時間で作業できる点が大きな魅力です。

おすすめ副業の目次に戻る

■ ハンドメイド作品の販売

ハンドメイド

手作りのクラフト作品やアート作品を制作し、オンラインマーケットプレイスやイベントで販売することで収入を得ることができます。例えば、アクセサリー、編み物、陶芸、絵画などの手作り品が該当します。

自分の作品にファンが付いてくれれば、継続的な購入や、より多くの広がりも望めるかもしれません。趣味と実益を兼ねた副業です。

ハンドメイド作品の販売は SNS などの集客も効果的なため、Twitter や Instagram、Tiktok などを利用して広めていくのが、おすすめです。

おすすめ副業の目次に戻る

おすすめしない在宅副業

Point.
おすすめしない
在宅副業

40代、50代におすすめしない主な在宅副業です。

副業おすすめしない理由
プログラミング「プログラミング」は知識が必要であり需要も多い仕事ですが、なによりも大変です。
会社に勤めて本業で行う場合は良いのですが副業で時間を見つけて行うには条件が厳しすぎる。
何より「納期」が厳しく、不具合(バグ)の修正責任などを考えるとリスクもある副業です。
WebデザイナーWEB デザインは楽しい仕事ですが、クライアントの意向にそってサイトを作ることは想像以上に難しい
特にデザインはセンスと感性が必須ですが、感性は人それぞれです。クライアント個人の好みを見極めるのは難しい。
齟齬が出ないように確実に仕様を詰める手間を考えると、40代、50代が行うには、時間単価に合いにくい副業です。
SNS運用代行Twitter や Instagram などを個人や企業に代わって運用する副業です。
スマホだけでできると話題の副業ですが、他人のふりして運用を代行するのは相当ストレスです。
万が一、炎上したり、アンチが増えた場合に依頼者に申し開きができません。
イラストレーター・バナー作成イラストのデザインなどは楽しい仕事ですが、クライアントの意向にそってサイトを作ることは想像以上に難しい
クライアントの要望や感性に合わせて仕上げなければなりません。
また(記事のライターに比べて)手直しも時間が多くかかります。
40代、50代が行うには、時間単価に合いにくい副業です。
せどり特に「おすすめできない」副業です。
安く仕入れて高く売れれば利益が出ますが絶対ではありません。在庫を抱える必要もありリスクです。
また、中古品を取り扱う場合は、古物商許可が必要です。転売なども厳しく規制されます。
ポイ活クリックすることで 0,1 円分のポイントが付くなどのいわゆるポイ活ですが、収益性が低すぎるためおすすめめできません
作業時間に比べて得られる収益は雀の涙です。ポイ活は、通勤中など暇なときに時間つぶし程度に楽しむのが良いでしょう。
データ入力名刺の文字打ちなどのデータ入力作業です。
パソコンがありキーボードで文字が打てればできる仕事ですが、収益性が低すぎるためおすすめめできません

適切ではない副業を選んでしまうと、お金を稼げないだけではなく、無駄に時間を使ってしまいます。また「楽」な副業であるほど単価が安く収益性が低すぎるため作業時間に見合わないものも多くあります。副業は十分に検討して、選びましょう。

まとめ:40代・50代「会社員におすすめ」の在宅でできる副業5選

Point.
40代、50代
おすすめまとめ

40代・50代「会社員におすすめ」の在宅でできる副業5選です。

良い副業を見つけて、充実した40代、50代を過ごしてくださいね。

\副業することでの人生の安心感はハンパない!/

\ アフィリエイトの始め方は こちら

【初心者向け簡単解説】アフィリエイト始め方を丁寧に紹介します(まだまだチャンスがある副業!)

副業に迷っているならアフィリエイト、誰でも始めることができリスクが少ないおすすめ副業です。ブログが自動で収益を出してくれる未来を想像しましょう。本業の他に収入がある毎日を想像しましょう。初心者でもわかりやすくブログ・アフィリエイトの始め方と作り方を解説しています。あなたも自分の人生に潤いを与えるチャンスを掴んでみませんか?

続きを見る

「ブログ・アフィリエイトの始め方」を知りたい方は、こちら をクリックしてください。

おすすめ
この副業
アフィリエイトスクール
ノートパソコン

「副業」の情報一覧はこちらをクリック!

クリックアイコン
PR
―― 今日のおみくじ ――

第 80 番

大吉


今日のメッセージ

本当のライバルは過去の自分、本当の目標は未来の自分。
ブログの始め方
レンタルサーバー
WordPress
AFFINGER

ブログランキング・にほんブログ村へ  

Presented By Boon Boon Blog .Com

広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。

当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記